住宅ローンが払えない! 競売にかかると・・・

住宅ローンの返済に困窮した方に、任意で不動産売却を提案している不動産会社のインサイドストーリー!競売ではなく自宅を売却!

違法性?

「1年程前に、担保に入っている土地を購入してくれるという人がいて、坪100万円で話をまとめて、債権者(銀行)に売却したいと話をしたら、安すぎるということで、応じてもらえなかった。 その後、競売になり今入札価格を見たら坪30万円になっている。 あのときに銀行が売却に応諾してくれれば高く売ることが出来たのに、これは違法ではないのですか?」


という電話があった。
確かに、競売になると価格が下がってしまうことが一般的です。 だからと言って、その時に銀行の判断としては、坪100万円以上で売却が出来る。それでは安すぎる。ということだったと思うのですが、状況によっては債務者が直接話をしていると話がまとまらなかったりします。 債務者であるご本人もですが、回収する債権者のほうがもっと悔しがっていることでしょう。


債権者が任意売却に応じないことは時々あります。
1番抵当権者よりも、後順位の抵当権者がごねることがあります。
ごねて任意売却が出来なくなってしまうと、競売になり、その結果1円も回収出来なくなってしまうことになってしまう可能性が高くても。

任意売却は、全抵当権者に「いいよ!」と言ってもらえないと出来ずに、競売となってしまいます。

債権者に、柔軟に応じてもらえるといいんですけどね。

 | HOME | 

Calendar

08 | 2017-09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Appendix

任意売却相談室

任意売却相談室

任意売却
住宅ローンが破綻!競売の通知が来た。そんな状況に追い込まれてしまわれたら任意売却を考えてください!
競売の取り下げなら!

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
利用規約

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks